パナマ サン・セバスチャン農園 

パナマ サン・セバスチャン農園 

販売価格: 1,600円(税込)

商品詳細

パナマ サン・セバスチャン農園

 

1920年にコーヒー農園をスタートさせ、代々変わらないそのコーヒーへの情熱は、現在の農園主ドミンゴ スアレス氏に引き継がれています。現在、8農園でコーヒー豆を栽培し、独自に精製・輸出も行っています。

8農園の一つ、このサン・セバスチャン農園は、ボケテ地区のバルー火山の山麓パルミラ地域に位置し、安定した気候が独特の甘みを生み出しています。

柑橘系の香りとすっきりとした優しい感じのコーヒーです。食後のコーヒーに最適です。

 

焙煎度合 ハイロースト(浅煎り)

 

 酸味★☆☆☆☆

 苦み☆☆☆☆☆ 

 甘み★★★★☆

 香り★★★★☆

 コク★☆☆☆☆

 

 

詳細説明

 

農園名  サン・セバスチャン

品種  カツアイ・ティピカ

生産地区  ボケテ地区パルミラ地域

標高  1400〜1500m

精製方法  ウォッシュド

グレード  SHB EP

 

パナマのコーヒー事情

 

国名パナマ共和国 
面積約7.5万k㎡ 
首都パナマシティー 
主要言語スペイン語 

 

生産地  チリキ県

収穫時期 9月〜3月

 

特徴   パナマ産コーヒーを一躍有名にしたのがエスメラルダ農園の「ゲイシャ種」、華やかな香味が脚光を浴びたことでオークションで史上最高値で落札さ れた。それ以降、パナマ産コーヒーは味、品質ともに飛躍的に向上したため取引価格は年々高くなってきている。味は全体的にクリーンで後口がよく、甘みのあ る香りがする。

 

商品詳細

内容量 200g
挽き方:
数量:

レビュー

0件のレビュー