【コーヒー豆の保存方法】

コーヒー豆は焙煎後、時間経過とともに酸化・劣化していきます。 それをできるだけ防ぐためにはできるだけ空気に触れないように密閉瓶 あるいはキャニスター缶に入れ、高温多湿を避けて冷暗所に保存してください。 1か月以上の長期保存される場合は空気をぬいてジップロックに入れ、冷凍庫に保存してください。 また、粉に挽いた状態だと空気に触れる表面積が大きくなり酸化が早くなりますのでお早めにご使用ください 。豆のままのですと1か月、粉の場合ですと1週間以内にご使用ください。 フタの部分にゴムパッキンがついている方がより密閉度が高い。

 

【コーヒー豆の購入方法】

コーヒー豆は焙煎後、日々劣化していきますので新鮮なコーヒー豆を購入してください。 「すっぱいコーヒー」とよく言われるのは古くなって酸化してしまったコーヒーです。 新鮮なコーヒー豆の酸味はやさしく、さわやかな感じです。新鮮なコーヒーを飲んで いただくためには豆のままで少量ずつ購入されることをお勧めします。 お得なので大量に購入してしまうと最後のほうになるとすっかり酸化してしまったコーヒー を飲んでしまうことになります。どんなに高級でおいしいコーヒー豆でも酸化したコーヒー はおいしくありません少量ずついろいろなコーヒーを飲んでみて自分にあったコーヒーを 探していきましょう。

酸化してしまった豆・・・お湯を注ぐと同時に陥没したような穴ができる。この状態では十分なムラシができず、 お湯が素通りしていく感じになっている。

新鮮なコーヒー豆・・・お湯を注ぐと同時にムクムクを膨らみながら炭酸ガスを出している。 ムラシが十分にできており、続けてお湯を注いでも陥没した状態にならない。

当店のコーヒー袋 当店のコーヒー袋は「アロマブレスパック」を使用しています。この袋はコーヒー豆から出る 炭酸ガスを放出し、内側はアルミ蒸着フィルムでコーヒー豆の鮮度をより長く保つ袋を採用しています。